インプラントと即時インプラント

「インプラントと即時インプラント」の有益情報をお届け!

インプラントと即時インプラント.com

インプラントと即時インプラント







即時インプラントがうまくいく例

即時インプラントがうまくいく例

即時インプラントがうまくいく例

即時インプラントはまだまだ研究途上の治療法ですが、成功例にはいくつかの傾向が見られるようになってきています。即時インプラントは1本だけの治療か、または歯が1本もない総義歯の患者さんに全顎的に植立手術をして固定して行う治療では、ある程度の成功の方法が確立しつつある状況にあります。
ただし、部分的な歯を3本以上繋がって喪失している患者さんへの治療方法は、まだ途上と言えるので、こうした施術を望む患者さんが即時インプラントを希望される場合、術者を慎重に選ぶ必要があります。国内で最も需要が高いのは、このような複数歯の喪失された患者さんであるのが実情ですが、即時インプラントは、現在ではいまだ、ごくごく一部の術者しか可能でない、超最先端レベルのインプラント治療であるということをしっかりと認識することが重要です。

即時インプラント

即時インプラント

即時インプラント

即時インプラント手術が日本ではじまったのは、2006年に専門書が出版されたことがきっかけです。本が出た年をみても即時インプラントがまだまだ新しい分野だといういことがわかります。インプラント手術自体が最先端技術に含まれるものですので、その中でも即時インプラントといえば、どれだけ新しい技術分野かがわかるのではないかと思います。もちろん、国内で即時インプラントを実施している医院では、万全の技術と設備が備えられているでしょう。ただ、海外でも中々思い通りの結果を出せない状況であると言う話ですので、患者さんも安易に即時インプラントを希望すべきではないし、又術者側も安易に取り入れるべきものではないとはいえると思います。

インプラントで誤解されやすいこと

インプラントで誤解されやすいこと

インプラントで誤解されやすいこと

なにより誤解してほしくないのは、インプラント治療は通常インプラント歯根植立手術をしても、すぐには歯冠(歯)は入らないということです。患者さん側ではインプラントで歯根をを植立すると、すぐに歯が入ると期待してしまうようですが、インプラントはそれほど簡単な手術ではないのです。
しかし、患者さんの都合でどうしてもインプラントを急がなければいけない場合もあるでしょう。そういう場合には即時インプラントという方法もあります。即時インプラントは、その名のとおり、手術したその日に歯をいれることができるものです。日本でも数は少ないですが、即時インプラント施術を実施している歯科医院もあります。

インプラント

インプラント

インプラント

歯根を失ってしまって歯がなくなり、悩んでいる患者さんにとって、インプラントでもう一度歯を手に入れられることは大変魅力的なことだと思います。ただ、インプラントには費用も時間もかかるので、安易な気持ちでインプラント手術に望むことは好ましくありません。インプラントにはそれなりのリスクもありますから、それを踏まえたうえで医師とよくカウンセリングをすることが大切です。インプラント治療は、歯科手術の中でも最先端の治療方法であり、日本歯科大学病院、東京医科歯科大学病院など一部の病院を除いて、健康保険の対象にはなりません。そして、インプラント治療は、お金も時間もかかる大変な治療だということを認識することが必要です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。